こんにちは。

THE H.W. DOG&CO.遠藤です。

本日も今週発売の新作をご紹介いたします。

D-00415-D/WASH DENIM CAP



カラー…BLACK/INDIGO

サイズ…ワンサイズ

昨年夏にリリースしました洗って頂けるキャップ[WASH HWDOG CAP]をデニム生地で制作致しました。

製品後、ワンウォッシュかけることで程よいシワ感、デニム特有の洗い後の雰囲気を演出しています。

また被って、洗ってを繰り返すことでデニム特有の経年変化もお楽しみいただける帽子となっています。

この度リリースしますキャップは商品名にある通り、洗って頂けるキャップとなっています。

洗う際は、シワや型崩れが気になる場合はなるべく手洗いで、陰干しをお勧めします。

また、干す前に軽く形を整えてあげると、より綺麗に被って頂けるかと思います。

帽子のデザインとして、

フロント部分には「THE HW DOG CO」と3連で刺繍を施しています。



バックにはDOGのテーマとブランドの設立年「THE CASE FOR BEINGRECKLESS EST. 2015」と入ります。



洗えるデニムキャップ。通年使って頂ける生地感なのも魅力かと思います。

既にインディゴデニムのキャップはお持ちの方には、ブラックデニムもご用意ございます。

是非、ご検討ください。

今回ご紹介しました D-00415-D/WASH DENIM CAP は今週土曜19:00からオンラインショップ、

土曜から店頭での発売となりますので是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

THE H.W. DOG&CO.遠藤

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO.遠藤です。

本日も今週発売の新作をご紹介いたします。

D-00509/BOATER MOKOLA HAT



カラー…NATURAL/BLACK/WHITE

サイズ…34/36/38/40

パナマハットでおなじみのトキヤ草をブレード状にしたモコラ素材のカンカン帽。

コシ部分には連なったプリーツが特徴のパガリーリボンが付きます。

この度1930年代のカンカン帽をベースに、より当時のものに近づけるため、木型からオリジナルで制作致しました。

縦長のクラウンで、バックに比べフロント部分が少しシャープな形となっています。

毎夏定番でリリースしてます細麦ブレードからなる[D-00319/BOATER]と比較すると、

ブレードが太く、厚み、重厚感をもっています。





今では夏の定番となっているカンカン帽(BOATER)ですが、発祥は1800年頃と言われていています。

その名の通り、船(ボート)の漕ぎ手や水兵のために作られた帽子で、

海や川での水しぶきで帽子が柔らかくなり損傷するのを防ぐため硬く、耐久性のある造りなったと言われています。

その硬さゆえに日本では、叩くとカンカン音を立てることからカンカン帽と呼ばれるように。

日本では明治、大正と西洋化が進むと、男性が帽子を被ることが常識となり、

洋装、和装問わずカンカン帽が多くの方に親しまれました。

こちらは当時のデモの風景。



厚み、重厚感が特徴のモコラ素材のカンカン帽。

定番の細麦ブレードのものとは質感や雰囲気も異なります。

カンカン帽では珍しいブラック、ホワイトといったカラーもご用意ございます。

是非、店頭、オンラインストアにてチェックしてみてください。



今回ご紹介しました D-00509/BOATER MOKOLA HAT は今週土曜19:00からオンラインショップ、

土曜から店頭での発売となりますので是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

THE H.W. DOG&CO.遠藤

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO.遠藤です。

本日も今週発売の新作をご紹介いたします。

D-00487/M AGLOE CAP



カラー…BLACK/OLIVE/BEIGE/RED/BORDEAUX

サイズ…FREE

※ボルドーカラーは店舗限定カラーとなります。

まず、フロント部分のデザインがこちら。

AGLOE[アグロー]と読みます。



AGLOEとは架空の地名です。

1910年頃、ある地図製作会社が他の会社に盗作をされたらすぐ分かるよう、

ニューヨークのロックランド地方にAGLOEという本当は無い架空の地名を地図に入れました。

しかしその地図が広く普及し始めるとAGLOEが実際に存在する土地だと信じてしまう人が多く、

[AGLOE~店」のような地名を掲げたお店ができてしまったり、

釣りが盛んな地域だったため釣り人のための宿[AGLOEロッジ]ができたりと、

本物の街になってしまったんです。

2008年にはAGLOEを舞台にした小説や、それが映画化されたことで文化的な面でも話題になり、

現在ではほとんど廃墟化していますがコアなファンが今だにその地を訪れるそうです。

今では削除されていますが、2014年までグーグルマップにも表示されていたらしいです。

そんなデザイン背景があって今回の帽子が完成いたしました。



素材はコットン100%で通年でお使いいただけるキャップです。

シルエットはメッシュキャップ同様、フロントパネルが1枚になっていて、

フロントパネルが浅め、バックは深めの仕様となっています。

クラウンとブリムの間には各カラーと同系色の飾り紐が付き、

バックには[HW DOG]と刺繍を施しています。



地名を落とし込んだ一見シンプルなデザインですが、

前半に綴ったよう、奥の深い背景のあるキャップ。

気になった方是非ご検討ください。



今回ご紹介しました D-00487/M AGLOE CAP は今週土曜19:00からオンラインショップ、

土曜から店頭での発売となりますので是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

THE H.W. DOG&CO.遠藤