ご無沙汰してました。

弦巻です。

ブログを書くのはだいぶ久しぶりです。

と、いうことで色々書こうかなと思います。

まず、自己紹介から

弦巻史也です。

H.W.DOGの代表取締役兼デザイナーをしています。

と言っても、優秀なスタッフ達が最初の立ち上げから今まで一緒に作り上げてくれなければ今のDOGはないと痛感しています。

元々は他社の帽子ブランドで、販売から入りアトリエで帽子作りを学び、デザイナーとして一通りの仕事を9年間勤務しました。

2015年2月2日に会社設立と同時にTHE H.W.DOG&CO.(紳士帽子専門店)を原宿のキャットストリート裏に作りました。



HWDOGを作った理由は、

日本にクールな紳士帽子ブランドがなく、価格帯や新旧の融合で生まれるメンズらしいデザインを今のカルチャーや流行を紳士帽子に落とし込んだデザインをブランドで作りたかったからです。



The case for being reckless について

この言葉は、僕が一番好きな言葉で「無茶を恐れるな」という意味です。

独立する前から、困ったとき悩んだときに思い出す言葉で自分のモチベーションを上げるための言葉です。HWDOGの帽子や店舗、タグなどにもメッセージとして入れています。



現在ブランド設立から5年10ヶ月になりました。徐々にHWDOGという帽子ブランドが広がってきている中で今年の2月に原宿店舗近くにアトリエを作りました。

アトリエでは主に帽子の修理、カスタム、セミオーダー、フルオーダーを製作しています。

特に力を入れているのがコンフォメーター(フランス語でconformateur)というヘッドサイズを測る道具でビスポークの帽子を作っていることです。

自分の頭の形を当時の測定器でデータを取りイラストレーターで正しいサイズに数値化します。どんな形の帽子でも自分に頭に合わせて被ることができます。

ビスポークのテーラー、シューズに合わせて帽子も出来ることを、これから広めていくために良い帽子作りを日々勉強しています。



HWDOG という帽子ブランドが、今は若い方から幅広い層に広まってきているので、更にクオリティの高い物作りができるように本物と認められるように頑張りたいと思います。

そのためにも、辛口なご意見頂けると有り難いです。

今後ともHWDOGを宜しくお願いします。

弦巻

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO.遠藤です。

本日も帽子をご購入いただく際の参考となるよう、新作の紹介を致します。

本日ご紹介するのは、

D-00462/FLIGHT CAP



カラーはBLACK/BEIGEの2色展開

サイズは36/38/40となります。

こちらの帽子は当時、戦闘機や飛行機に乗る人々がユニフォームとして着用していた帽子をベースに制作いたしました。

飛行機の中でも寒くないよう、シコロ(耳当て)が付き、視界を広く取れるようツバは上に上げれる仕様となったと言われています。

こちらが当時の戦闘員の写真。1940年代後半、有名な戦闘機B29のパイロットのユニフォームになります。



DOGでは当時のフライトキャップをベースに少しアレンジを加え制作致しました。

当時を習い、表地には当時も実際に使われていたコットンポリを使用。

当時と違う箇所でいうと、ボアの素材はウール、ナイロン、ポリエステルで、

裏地にはヴィンテージミリタリーライナーを採用しています。

そんな被ってて見えることのない裏地にもこだわって制作致しました。

また、様々な被り方ができるのもこの帽子の1つの特徴です。

後ろ向きに被りツバを下すことで、後頭部の防寒が可能だったり、



当時のパイロットのようにシコロを下すことで、耳の防寒が可能となります。



実際に被るとこのような感じです。

ボア、裏地にミリタリーライナーを採用していていますので、当店で扱う帽子の中で最も防寒性に長けているかと思います。

また、女性も被りやすい形になっています。気になった方は店頭、オンラインショップから是非ご覧ください。



本日紹介させていただいたD-00462/FLIGHT CAPは店頭、オンラインショップにご掲載していますので是非ご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

THE H.W. DOG&CO 遠藤

こんにちは。

THE H.W. DOG&CO.遠藤です。

本日も帽子をご購入いただく際の参考となるよう、新作の紹介を致します。

本日ご紹介するのは、

D-00464/LEATHER BERET 62 

D-00465/LEATHER BERET 63 



BLACK/OLIVE/GRAY のカラー展開。

62の方が36/38/40

63の方が34/36/38 のサイズ展開となります。

発祥がおよそ16世紀と言われているベレー帽ですが、軍で採用された歴史は意外と浅く、

1880年代のフランスの山岳部隊と言われいます。そこから、イギリスの戦車部隊に採用されたりと

各国の軍隊に広がったと言われています。

こちらが当時山岳部隊。



軍でベレー帽を採用する理由として、部隊によって色を使い分け一目でどの部隊が分かるようにだったり、

制服を部隊ごとに統一させることで団結力を高めるといった意味があったと言われています。

また、アメリカでは一部の特殊部隊のみ着用が認められていたり、ロシアではエリートしか被れない色のベレーがあったりと、

勲章の1つでもありました。

ベレー帽が世界各国の軍隊に広まった理由としては、当時だとベレー帽は安価で作りが単純とされていて、

大量生産に向いていたと言われています。

今回DOGで制作した2型は、同じデザインで大きさ違いとなっています。

62の方は、通常のベレーに比べ1回りほど大きく、メンズライクなシルエットとなります。(写真左)

63の方は現在も軍で被られているベレーに近い、小ぶりなシルエットとなります。(写真右)



今回制作したベレーの特徴として、牛革のパイピングを入れ、飾りとして紐を取り付けています。



天井の裏側には、ハットの天井裏に付くような、DOGオリジナルのロゴを入れています。

このような、通常見えない所にもこだわって制作いたしました。



制作を依頼したのは、アーミーベレーのユニフォームを生産している工場のため、

無骨さのある帽子に仕上がっております。

実際に被るとこのような感じです。同じデザインの大きさ違いなので、被り比べ、

ご自身により合ったモノをお選びいただければと思います。

気になった方は是非、店頭、オンラインショップでご覧ください。

LEATHER BERET 62



LEATHER BERET 63



本日紹介させていただいたはD-00464/LEATHER BERET 62D-00465/LEATHER BERET 63 は11月13日(金)19時からオンラインサイトで発売致しますので是非ご覧ください。商品についてのお問い合わせもお電話、メール、インスタグラムのDM等で受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

THE H.W. DOG&CO 遠藤